成功事例

現場の声を活かした新事業チャレンジと
店舗改革

業績悪化を回避する経営資源の最大活用

経営上の背景

外部環境要因

  • 大手出版会社との永年のパイプにより、安定した調達・提供力がある
  • 自治体の信頼も厚く、公立図書館の指定管理業務受託などで県内でのブランド力は高い
  • 売上減が激しいエリアはカフェ、室内遊園地等異業種に転用
  • 書店業は自己裁量権が乏しい定価販売の事業
  • 社風は受動的で新規対応力に欠けている

内部環境要因

  • ネット販売・電子書籍等「バーチャル書店」の発達で活字離れが進展
  • ダウンロード機能の普及により、CD/DVDレンタル減少
  • 国内出版市場は1996年がピーク、20年間で半減(売上:2.7兆円→1.3兆円)
  • 県内書店数は約400店から200店と激減した

解決プロセス後に得られた成果

組織全体のコミュニケーションが活性化し、新事業形態転換・業務効率化などの改革がボトムアップによって実現できた

解決プロセス

「ビジネス提案ができる土台作りと課題認識」

目的

自由闊達な議論の事前準備

  1. プロジェクト体制の構築
  2. ビジネスモデル検討手法の習得①SWOT②OODA等
  3. 検討目的の確認
  4. 現状分析①社内計数資料の活用②店舗顧客アンケートの実施・解析③各店舗の課題抽出
  5. 収益改善策の検討
ポイント
  • プロジェクトの円滑な推進のためにフレームワーク教育を行う

STEP2へ進む

「収益改善に向けた具体的実行」

目的

現場の声を生かした具体策の落とし込み

  1. メンバーによる収益改善提案会議の実施
  2. 店舗毎の収益改善策の検討
  3. アクションプランの策定
  4. 店舗毎の収益改善策の実行①メンバーによる営業戦略目標の設定②柔軟な取引機会の検討③固定客への新商品提案④新規取引先の開拓 等
ポイント
  • 組織横断的なコミュニケーションを活性化する仕組み作りと実行

STEP3へ進む

「店舗改革と業務効率化」

目的

活性化した組織風土を社内改革に生かす

  1. 店舗改善課題検討①赤字②成長期待③市場激変
  2. 実態調査と問題抽出①係数分析②顧客情報整理
  3. 改善策の実行
  4. 業務効率化改善課題検討①現場ヒアリング②業務棚卸
  5. 問題点抽出
  6. 改善策の実行
  7. 継続的な生産性向上①パート・アルバイトの人事評価制度の導入による意欲向上
ポイント
  • 店舗スタッフの業務の棚卸と、業務負荷の適正化と可視化を行うとともに人事評価制度によるモチベショーン向上を図る

STEP4へ進む

「0」

目的

0

  1. 0
ポイント
  • 0

企業概要

ページトップへ