成功事例

物流効率化により業務効率と
競争優位性を高める

物流現場の見える化で、卸売業の物流作業の生産性向上を実現

経営上の背景

外部環境要因

  • 人手不足
  • 労働時間短縮の雇用環境

内部環境要因

  • 県内トップの実績
  • 幅広い顧客層への手厚いサービス
  • 顧客からの強い信頼

解決プロセス後に得られた成果

実態をふまえた改善策の実施と、自律的な実態把握/分析/対策検討/改善のPDCAサイクルの基盤ができた

解決プロセス

「倉庫内業務の分析と改善」

目的

現場作業の分析により、改善優先要素を洗い出し、
必要作業を計画化

  1. 保管エリア/動線の分析(見える化)
  2. 製品群によるABC分析
  3. 商品保管場所の改善
  4. 入庫予定作成と関連業務の計画化
ポイント
  • 効果の大きい内容にポイントを絞って業務を改善、全体生産性を向上

STEP2へ進む

「積み込み作業の改善」

目的

時間や場所等での作業仕分けによる
改善対象の問題分類と効果的対策

  1. 時間帯別の積込み/配送ルート/所要時間の問題抽出
  2. 積込み/仮置き/作業の場所の問題抽出
  3. 問題の絞り込み
  4. 生産性の視点で改善策検討・計画化
ポイント
  • 自力解決できる問題の絞り込み、対策アイデアとPDCA化

STEP3へ進む

「物流コストの実態分析と目標管理の仕組化」

目的

物流コストの部門別業務別要素の問題把握と改善検討

  1. 拠点別物流コストの実績調査
  2. 対売上物流コスト比率の実績調査
  3. 問題抽出
  4. 対策アイデア検討
  5. 数値目標(KPI)の設定
ポイント
  • 業務要素ごとの目標設定と実績によるコスト管理

企業概要

ページトップへ