成功事例

サードパーティロジスティックを目指した社内体制の基盤整備

社内事業の効率的な連携による事業領域の拡大と生産性向上

経営上の背景

外部環境要因

  • 製造加工、保管、運送の多機能サービス
  • 部門間連携の不足

内部環境要因

  • 運送業界の構造的労働力不足と高齢化
  • 労働時間の長時間化

解決プロセス後に得られた成果

製造、倉庫、運搬の連携による高い生産性を実現した

解決プロセス

「複数部門の業務フローの実態把握」

目的

部門および部門間の課題整理

  1. 倉庫部門の問題洗い出し
  2. スキルテスト
  3. 製造部門の問題洗い出し
  4. 原因分析
  5. 改善可能性の検討
ポイント
  • 部門作業員による問題の認識と改善検討

STEP2へ進む

「全社一体的運営体制の構築」

目的

部門連携による効率化の推進

  1. 各部門の作業標準の策定
  2. 部門間作業ルールの策定
  3. ホワイトボートを利用した作業管理方法の策定
  4. 安全対策ルール策定
  5. 全社安全大会の実施
  6. 改善取り組みの全社方針共有
ポイント
  • 部門内および部門間の作業の標準化、管理の見える化

STEP3へ進む

「各部門の改善活動の取り組み」

目的

全体最適に向けた個別改善の推進

  1. 各部門の作業マニュアルの策定
  2. 部門内問題の分析と対策検討
  3. 部門間連携課題の対策検討
  4. 目標値の設定
  5. 安全対策情報の共有
  6. 予防対策検討
  7. 全社での情報共有
ポイント
  • 部門目標の設定と全社の情報共有による全社改善連携

STEP4へ進む

「0」

目的

0

  1. 0
ポイント
  • 0

企業概要

ページトップへ