成功事例

初めての海外進出を確実に実施する
事業計画

海外戦略の現実的な計画策定による海外進出の具体化の推進

経営上の背景

外部環境要因

  • 国内ファインセラミックス市場での130年の実績
  • 高度なファインセラミックス開発技術力
  • 海外展開ノウハウの不足

内部環境要因

  • 非食器陶器生産の低価格化、競争激化
  • 歯科用ファインセラミックス市場の拡大
  • 東南アジア市場の急成長

解決プロセス後に得られた成果

現地情報に基づいた実効性の高い海外進出計画を作成した

解決プロセス

「海外進出戦略の検討」

目的

海外事業基本計画の策定

  1. 経営ビジョンの再確認
  2. 事業目標の検討
  3. 海外事業の位置づけの再確認
  4. 2次データに基づく進出候補地域の検討
  5. 海外進出に関する社内体制や従業員意識の調査
ポイント
  • 当社における海外事業の必要性、可能性の再認識

STEP2へ進む

「海外進出アクションプランの策定」

目的

海外進出に向けた段階的計画の策定

  1. 海外進出に必要なアクションの洗い出し
  2. 行動計画の3W1H(who、what、when、how)で具体化
  3. 海外進出を中核とした中期事業計画策定
  4. 社内発表と方針共有化
ポイント
  • 初の海外展開に向けた具体的アクション計画の策定と中期計画における海外事業の位置づけの明確化

STEP3へ進む

「現地進出のフィージビリティスタディー」

目的

事業可能性の現地調査

  1. 海外進出対象国での実施戦略の検討
  2. 現地調査内容の検討
  3. 現地調査実施(市場特性、要求品質および価格、商習慣)
  4. 調査結果分析
  5. 対策検討
  6. 進出計画見直し
ポイント
  • 事前の戦略仮説と市場実態の差異分析と再検討

STEP4へ進む

「0」

目的

0

  1. 0
ポイント
  • 0

企業概要

ページトップへ